インパクに参加しました

〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜

メールによる人気投票とアンケート * 10/10〜10/30 *

アンケートの集計一覧


〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜》◎《〜∋*∈〜


No.a 現代と書について b これからの書教育 c 書とインターネット d 自由記述
A(Aa)
デジタル社会が進む今日、ますます、アナログ文化が見直されます。書の価値も当然、上がっていくでしょう。そうありたいものです。
(Ab)
日常生活で、もっと筆をもつような指導が必要ですね。
(Ac)
私にとって、書とインターネットは切っても切り離せない関係です。書の師と出会ったのも、多くの書の友と出会ったのも、このインターネットです。書を始めてから、HPを開設してきましたが、まだ見ぬ多くの書の仲間の声援が私を支えてくれます。 これから、ますますインターネット上での書の出会いが増えることを期待しています。
(Ad)
インパクでの展示、ありがとうございます。お陰で、自分のHPへのアクセスも増えました。
B(Ba)
今の時代、感激とか感動している時間が短くなっているように思う。この原因は、何でも簡単に色んな事が出来てしまうせいだろうと考えられます。ひとつの事をコツコツ努力して、やっとのことで作品を仕上げる書道は、現代の人達にとって、最も良い情操教育です。
(Bb)
大きな公募展で、賞を取ることが最大の目的とする書道は、邪道です。人間形成を目的とする書道に戻すことが、必要と思う。
(Bc)
しっかり基本が出来ている作品が、評価されない今の書道界では、インターネットで作品を発表できる利点は大きい。
(Bd)
私の場合、作品の上出来とか不出来は二の次です。目標を決めて実行に移す、その時のプロセスで汗を流して頑張る。その結果仕上った作品は、その(頑張った)思い出のようなものです。良い思い出ばかりではありません。もちろん悔しい思い出もあります。だから、自分の作品を見る時、少し感動しますね。たとえ人から評価されなくても…
C(Ca)
無機質なモノが溢れている中に、白と黒を基調にした書道は、いがいにも、これが現代的で有り得るのか、個人的には、とても、生活の中で巧くとけ込んで入ってると思います。
(Cb)
静岡だかの高校では、書道課というのが出来てるそうで、ITの浸透とともに、もっと素朴で、人間味のある方面も見直されて来ているのではないかなと思ったりしますが、、、
(Cc)
インパクそのモノの知名度が今一つのようで、この企画そのモノは、本当に素晴らしいと思うのですが、是非、何とか、作品をもっと集める方法があればいいのにと思ってしまいます。

D(Da)
書は日本では まだ冠婚葬祭で 必要な事が多いと思います。年賀状も 上手に書きたい。書かれたものを 頂くといつも刺激を 感じていました。
外に出まして 文化祭で お勉強していらっしゃる 作品を 拝見しまして 良い機会でした。御稽古することに なりました。
(Db)
 書は時間がかかりますし やはり上達するに 越した事はなく 学校で もう少し 時間を作って 書道教育の 必要性を 感じます。
落ち着いた 真剣な時間を 持つことも 良い面が あります。筆を持って 筆に慣れることだけでもいいですし 良い作品を 子供達の目に触れさせることも 必要です。
 書道も 年を重ね 続けられている 方のものは 味わい深い ものがあります。
 書によって いにしえを 顧みることも出来ましたり 書によって 思いをはせる事も あります。
 書は 文化そのもののような 気もしています。書によって いい言葉を 後世に伝えていく 大人の責任の様にも 思います。
(Dc)
 私は子供の頃から 茶道が好きで 将来の目標にしていましたので 必要に迫られる面も ありました。
最近になりまして インターネットにも お茶の良さを お伝えしたい 気持ちから 書き込みさせていただく事が多くなりまして 書も必要ですし 皆様にもしていただきたい気持ちでいます。
 書から心を 整えていける面が あることも 感じています。 お坊様の 書が 一番と言うのも うなずけます。 一行の書の中に 昔からの 教えと言うものが 詰っているからなのです。
 書く人の 感性も そのものが 意を得たりしていると 感動を呼ぶと 思います。言葉を選び 書は残っていくものかもしれません。
(Dd)
 書の良さは 子供の時から 感じていましたが お勉強にあたる時間の やりくりが なかなか持てなくて 今に至り 丁度良い機会がありまして はじめましたが 時々進級していくのも 楽しみになったりしまして だんだん筆にも慣れてきますと 上達できているような 気がしています。目標をもって まだまだ挑戦したい 気持ちでいます。
 自由で素敵な書が 書きたいですね。
E(Ea)
現代と書は、密接な関係が薄くなってきている。ワープロからパソコンへと時代の流れと共に、字を書くことすら少なくなりつつある。淋しい限りだ。
(Eb)
パソコン教育の影響により、字を書かなくなるということは、漢字のかけない大人たちが増えてくる。小学校から取り入れ、これからも続けるべき。日本の誇れる文化、アートを大事にするべき。
(Ec)
書をインターネットで公開することにおいては、私は心から賛成とはいえない。墨の味わいが伝わりにくく人々の心は動きにくい。しかしながら、これからのIT時代にはしょうがないのか・・・。複雑な心境だ。
(Ed)
WEB公募書展に作品を展示された方々に応援と御礼を心から申し上げたい。これからも、それぞれが色々な形で作品を発表して欲しい。ありがとう
F(Fa)
もっと多くの人が書に触れる機会があればよいと思います。
広く一般に賞状に書かれるような商売用文字がうまい書、上手な書という図式が成り立っているので、それを崩さねばならないと思います。
(Fb)
小学校で行われている画一的な楷書の習字教育は改めた方がよいと思います。早い内からいろいろな書道作品に触れるべきだと思います。
(Fc)
書に触れるいい機会となってとてもよいことだと思います。

G(Ga)
最近はほとんどパソコンで文字を打つので、書というか、手紙すらほとんど書いていません。でも年賀状は、手書きで未だ書きつづけています。年一回だけど、年賀状だけはこれから先も手書きでいこうかな。。「書」とはいえないかもしれないけど。。
(Gb)
パソコンでマウスを使って書くというのもありますが、自分の手でかく「書」を大切にしていければ。。。と頭では思いますが、なかなか・・・
(Gc)
手書きの作品をネットで公開するのはいい試みだと思う。でもネットならではという点が何かあればいいなぁと思ったりも。。例えば、絵画だとすごく細部まで見れるようにしたりとかいうことができますが、書だと何かそういうのがないかなぁと思ったりも。。ちょっと今は思いつきませんが。
(Gd)
最近海外にいくと、道端で、現地の人の名前を日本語(漢字)に置き換えて書いている人たち(一枚100円とか)をよく見かけます。こういう試みがネットで広がれば面白いなーと。。
H(Ha)
ワープロ文字が、普通の時代になり、書道と言うものが、書ける人は、少なくなってきたのではないですか。
私は、字を書くのは嫌いです。それだけに、字のきれいな人は、尊敬します。何故、そんなにキレイに書けるのですか。
(Hb)
今でも、書道の時間ってあるのですか。小学校の時からPC出来る時代です。漢字の筆順などなくなっていくでしょうね。キーたたけば文字が印字されるのですから。
書道は、絵と同じように芸術として残っていくでしょう。
(Hc)
芸術作品として公開するのにインターネットは、適した道具です。ただ、どれだけの人が、書に興味を持ってくれるか。時代は流れて、ワープロ、アニメなどがもてはやされています。面白い、簡単がキーワードのご時世ですね




ご感想をこちらへお寄せください
HOME(無派閥書道ネット) このページのTOPへ