2:11 まなぶとは

「まなぶ」とは、「まねぶ」から転じた語であるという。模倣は創造の過程であるとされる。まず何事も学習することからはじめるべきである。
かへの 様
京都市 女性 40代
mail  homes.gifかへのもり墨海庵
指導します
「まなぶ」とは、「まねぶ」から転じた語であるという。模倣は創造の過程であるとされる。まず何事も学習することからはじめるべきである。

「まなぶ」とは、「まねぶ」から転(てん)じた語(ご)であるという。模倣(もほう)は創造(そうぞう)の過程(かてい)であるとされる。まず何事(なにごと)も学習(がくしゅう)することからはじめるべきである。

 

2006年に96歳で亡くなられた白川静先生のお言葉です。1993年から始まった「文字講話」に幾度となく参加させていただきました。内容は難しいのですが、80歳をすぎても2時間の講話を立ったまま板書もされ、講話終了後には参加者の質問に丁寧に答えられる、そのお姿に毎回心打たれていました。
「まず何事も、学習することからはじめるべきである」
ことをわすれないように、拙宅教室にかけていつも目に付くようにしています。

半切1/2
表具は自分でしましたが、ちょっと失敗です。
周りに赤を効かせてみました。

  「まなぶとは」かへの作 部分    「まなぶとは」かへの作 軸装

コメント(6)

私の後輩である大阪在住の女性も、生前の白川静先生に感化されて、今も文字のルーツを辿る勉強をしているようです。
故白川静先生の庶民的な姿勢と着実な勉学態度は多くの方に影響を与えているのですね。
全ての芸術・文化は模倣(自然界現象の物真似)から出発しているのでしょうね。それを創造の域に発展させた人(グループ)が偉人(偉業)と呼ばれるのでしょうか。
白川静先生のお言葉を切々として「座右の銘」に掲げておられることに、頭が下ります。

いつも見える所に飾っておきたい作品です。
良いものは真似て、「学ぶ」ことを続けて行く大切さを教えてくださる作品ですね。

ふざん様
ありがとうございます。
ふざん様の広義の解釈に、改めて納得いたしました。

yukari様
嬉しいお言葉、ありがとうございます。
書道に限っては、臨書の大切さということであると理解しています。

こんなに素敵な書が掲げてあるお教室で
お稽古されているお弟子さんは
なんて幸せなんでしょう!

まねぶ”なるほどねぇ・・
私も臨書を第一にまねぶってきました。形臨、そして背臨つぎに難解である意臨ですね。
若い人でそれを飛び越してパフォーマンスばかりやってるのを残念に思います。あなた様の書は含蓄があって好きです。

| Main |