120 「夢中」 華峰作

4
「夢中」 華峰作 夢中
(むちゅう~ゆめちゅう)
華峰様  兵庫県 女性

「夢中」 華峰作

私の母校の中学校は校名に「夢」という字が入り、略して「夢中(ゆめちゅう)」と呼ばれていました。
ワープロで「むちゅう」とタイプし「夢中」と変換されると、ふと中学時代のことがよぎります。
自分が中学生の頃、何を夢に抱いていたのか、何に夢中になっていたのか、今となっては思い出せませんが、、、最近”夢中”になっている金文体で書いてみました。

半紙に竹筆で書きました。

「夢中」 華峰作部分 「夢中」 華峰作 部分(落款印)

自己紹介:
週1回小学生相手に習字教室をしています。
普段は朱墨で添削ばかりなので、年一回のこちらへの出品は、作品制作の良い機会になっています。

4

  1. ふざん より:

    篆書体までしか挑戦したことありませんが、
    更に古い金文体に夢中になっているなんてすごいですね。
    古文体の良さがわかる人は書の奥がわかる人だっていうことを
    聞きました。

  2. 華峰 より:

    ふざんさん、早々にコメントありがとうございます。
    今篆刻を習っているので、刻す字を調べるのに篆書字典を引くのですが
    つい金文体に目が行ってしまいます。
    書の奥がわかるなんてレベルではないのでお恥ずかしいですが^^;

  3. ラピュタ より:

    日本語の「むちゅう」という言葉には、何故「夢」という漢字が当てられたのか、その由来も知りたいですね?!華峰さんの母校の「夢中」という言葉を、「ゆめちゅう」と敢えて読まれたのは、ユーモアがありますね~。国語の漢字テストで、「夢中」の読みがなを「ゆめちゅう」と書いてしまえば、明らかにゲンテン(減点)ではありますが…。
    それにしても、金文体の華峰さんの作品の中の「夢」という書の中に、目を入れたのは大変インパクトがあり、華峰さんの書風に感動致しました。絵画的というよりも、一種の生命感と威圧感を感じました。金文体や篆書体は、書道のゲンテン(原点)ではないかとも思います。

  4. Very great post. thank you!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。