2015WEB公募書道展

102 「観音経」 煙花山人作


煙花山人様  東京都日野市 男性 30代 ホームページ 南台二丁目書道部 mail


若有女人設欲求男 礼拝供養観世音菩薩 便生福徳智慧之男
設欲求女便生 端生(正)有相之女 宿植徳本衆人愛敬

もし女人がいて、男の子が欲しいと願って観音菩薩を礼拝すれば、
福徳につつまれた智慧ある男子を授かるでしょう

もし女の子が欲しいと願って観音さまに祈願すれば
顔かたち美しく、前世から徳を積み重ね、みなに愛される女子を授かるでしょう

昨年の夏、妻が二番目の子どもを流産しました。
.
夫は、無事に産まれてほしいと祈り続けていました。
「僕の祈りはいったい何だったのか」と悩みました。
妻は、赤ちゃんをいたわらず無理を重ねたことを悔やみ続け、深く落ち込みました。
.
家族の気持ちがすれ違い、夫は長男が泣くのも構わず
怒鳴り続けました。悲しみとともに、怒りが湧くのでした。
.
妻は泣きながら、生まれてこなかったいのちに一杯の水を供えました。
夫は怒りを鎮める努力をしながら、小さな造花の束を供えました。
悲しみのなか、二人はそれでも祈り続けました。
気がつくと、長男も小さな手のひらを合わせ 夫婦の後ろで祈っていました。
.
やがて一か月が過ぎ、半年が過ぎ、家族は次第に、こう思えるようになっていきました。
この世に起こることは、すべて意味がある。
子どもの流産さえ、家族にとって必要な出来事だったと。
.
そうしてはじめて、私たち夫婦も、長男も、生まれてこられなかった赤ちゃんも、
等しくかけがえのない、ひとつづきのいのちだとわかりました。

 

半紙判/油煙墨

観音経1

部分

自己紹介:
書道家&子育てパパの日々、ただいま奮闘中!
書は人なり。子どもは愛なり。
「南台二丁目書道部」 で検索お願いします。

2 Comments

  1. こちく (Post author)

    流産、ショックでしたでしょうね。昔、セキセイインコの籠に野鳥のセキセイインコが通ってくるようになって一緒に入れたら卵を産んだのですが、その雌だけが卵を抱えて雄は知らん顔、そして、卵が孵らなかったことを思い出しました。家族が協力して子どもが生まれ、育つのですね。子育ては大変だけど喜びも最大。笑顔の絶えない家庭のためにますます頑張ってください。

  2. ふざん

    素晴らしい経文ですね!
    こんなにも律義で誠実なお父さんの所に生まれてくる赤ちゃんは幸せです。
    流産はショックでしたでしょうが、我が家にも流産後に生まれてきた坊主が
    今はもう30代になりました。
    書は人なり。子どもは愛なり。~本当にその通りですね。
    益々のご隆昌を祈っております。

Comments are closed.