2015WEB公募書道展

募集要項と出品フォーム

一時的に受付再開いたします。

(このページからの送信は暗号化されて受付に届けられます。そのため、このページを開くとセキュリティ保護の表示が出る場合があります。)

出品は小学生以上どなたでも自由です。

このページの説明を読んで、
このページの下の方にある出品フォームから文章をお送りください。画像はメール添付で、タイトルに作品名を、本文に作者名を書いて、専用メールアドレス shodo@アットマークsyo-do.net(←カタカナを抜いて) にお送りください。

——————————— 募集要項 ———————————

’15WEB公募書道展 ◎テーマは「子どもを守ろう 」

◎子どもを守ろうという気持ちのこもった作品と文章をお寄せください。「子どもを守ろう」の字コンテストではありません。

経験や言葉や思想、手助けの方法の伝授、愛の言葉、元気や癒しをもたらす表現…何でもいいのです。子どもを守ろうという気持ちを子どもや家族や社会に伝えましょう。あなたの作品が誰かを救うかもしれません。
虐待、育児放棄、貧困、いじめ、病気、、障がい、事故、災害など、さまざまな問題から子どもを守るため、子どもの未来を考えることを含めて、私たちにできることをしてみましょう。

◎受付順次展示: 2015(平成27)年2月1日~5月31日    5月25日

◎出品作品数はお1人2作品(1群・2群展示室各1)までとさせていただきます。

◎展示室は3つあります。1群展示室と2群展示室と子どもの展示室です。

○「子どもを守ろう」1群展示室 = 紙に筆で書いたもので複数の墨色を混在させない。書・絵・雅印などに計2色までのもの。料紙は色がついていてもよい。揮毫後に紙に色づけしない。(なお表具写真などの添付は望ましい)先着30作で締め切ります。

○「子どもを守ろう」2群展示室 = 篆刻・染色・陶芸・刻書・多色使用の毛筆・デジタル書・周囲を囲うなどのデジタル加工・動画など。先着30作で締め切ります。

○「子どもを守ろう」子どもの展示室 = 小中学生の作品。コメントも自分の言葉でお願いします。書道教室で多くの作品をご出品いただいた場合、後日全体の展示作品数を30点に絞らせていただきます。ご了解とご協力をお願いいたします。

◎出品作品はホームページやブログに公開されている作品でもかまいません。他の公募展や社中展の作品もOKです。

◎まとめての出品はできません。1作ずつフォームから出品してください。

◎ネット技術などの都合で出品代行もOKですが、書作者ご本人のコメントは必須です。 (制作の工夫や見所、意図・逸話などを文章で表現して、鑑賞者に満足していただけるようお願いいたします。) また、釈文(筆文字をフォントにして読みがなをつけてください)も必須です。

◎閲覧者にわかりやすいよう、 たとえば平面作品の場合なら画像は、できれば以下の3枚をお送りください。
☆1.本紙全体(必須)
☆2.線質の見える部分画像
☆3.表具・置いてある環境など。
拡張子は、.jpg .gif .png などで。動画も受け付けます。

◎展示は1作1ページ

◎出品料無料

出品記念品としてクリアファイルを、人気投票結果の全集計とあわせてお送りします。このクリアファイルのデザインは人気投票結果の、各展示室上位3作計9作品程度を使わせていただき、制作し、販売もいたします。

◎上記の理由により、出品作品は写真やスキャン画像で、印刷にも対応したサイズ(WEB用に軽量化しない=解像度は印刷用300dpi以上)でお送りください。人気投票終了まで現物を捨てずにおいていただくと安心です。

◎この作品集はデジタル書籍など別サイトでの公開の可能性があります。「子どもを守ろう」というタイトルは変えません。別の場でも、画像・文章の使用は作者の許可を必要とします。

人気投票に出品者もご参加ください。ご自身の作品にも投票お願いします。

◎変更などの連絡の際の専用メールアドレスは shodo@アットマークsyo-do.net(←カタカナを抜いて) です。

出 品 フ ォ ー ム +゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+゜:..*.;+
[contact-form-7 id=”382″ title=”出品フォーム_copy”]

2 Comments

  1. ふざん

    WEB公募書道展に出品申込みしましたが、画像添付するところがありません。
    自動返信メールにも、画像添付の要請なし~~?

  2. ふざん

    <<<画像はメール添付で、タイトルに作品名を、本文に作者名を書いて、専用メールアドレス ap2015@アットマークsyo-do.net(←カタカナを抜いて) にお送りください。>>>
    ・・・あ!これなのか!!!~~~わかりました。

Comments are closed.